体験談

【体験談】バンコクから足を延ばして チェンマイ へ

タイと言えば『バンコク』。バンコクにも沢山の寺院・観光名所が点在します。

しかし、少々足を延ばせば、パタヤ・アユタヤ・カンチャナブリになんて有名な観光地にも簡単に行くことができます。

今回、お勧めしたいと思う都市は北部チェンマイ。電車での移動も良し、飛行機での移動でもの良し。道中ウキウキすることは、間違いなし!食事も気候も人間も、日本人にはピッタリしっくりくる国なので、他に足を運ばせてみてください。

駅・空港からチェンマイ中心部へ

タイ第二の都市チェンマイ。日本人のロングスティヤ―も多く住んでいます。

タイ第二の都市と言っても、バンコクのような大きな街ではありません。バンコクから比べると静かで人通りも少ない感じがします。しかし、セントラルフェスティバル・ビックC・テスコロータス等々大き目なショッピングセンターもたくさんあります。

空港からチェンマイ市内はタクシーで150B程で向かうことができます。チェンマイ駅・アーケドバスターミナルから中心部までは30B程度です。トゥクトゥクやソンテオには、タイ人価格・外国人価格と言うものが存在するので乗車前に運転手さんと交渉してくださいね!荷物の多い少ないだけでも料金が変わるし、運転手さんによっても料金が変わってきます。

バンコクよりも英語を話せる人が少ない気がしますので、旅のお供にタイ語の簡単な単語を覚えておくと旅が一層楽しくなると思います。

チェンマイ観光を楽しもう!

チェンマイ市内にも沢山の有名なお寺が点在しています。やはりタイでは、まず寺院巡りを希望する人が多いのではないでしょうか?

ドーイステープ・ワットプラシン・ワットチェディルアン

お勧めは、ドーイステープ・ワットプラシン・ワットチェディルアンです。どこの寺院も普段は、バンコクの寺院から比べると静かで人もまばらな感じがします。

ワットプラシン・ワットチェディルアンは、旧市街にあるため散歩がてら行くこともできますので、じっくりと街の風景を見る事ができるレンタサイクルを利用するのがお勧めです。

ドーイインタノン

チェンマイには観光スポットがとても多いです。ナイトサファリ、エレファントパーク・ラチャプルック自然公園。その中でもチェンマイ郊外にあるタイの最高峰ドーイインタノンは、特にお勧めです。

チェンマイ中心部からはタクシーを使って1時間ほどです。高地なだけあって夏でも涼しく、滝もあり景色が良いです。冬は霜がおりたり雹が降ることもあるようですが、様々な種類の鳥が住んでいます。

アヌンサンマーケット

ある程度大きな街になると存在するナイトマーケット。毎日開かれているナイトマーケットは、外国人観光客が多く集まります。アヌンサンマーケットは、ナイトバザールよりもハンドメイドのアクセサリーや山岳民族の帽子・バック・ポーチなどが購入できます。食事も安く美味しいものが食べられます。フルーツシェイクは、果物を自分で選べて安くて美味しい1番のお勧めです。

土曜は、ターペー門から旧市街にかけてサタデーマーケットが開かれ、日曜にはチェンマイ門付近でサンデーマーケットが開かれます。サタデーマーケットもサンデーマーケットも観光客だけではなく、地元の人も多くとても賑わっています。お土産を購入するにも最適だと思います。

本場のシルク生地工場

ちょっと高めのお土産を購入するのでしたら、デパートにもタイらしい素敵な小物や植物オイル・ローションもあるのですが、私のお勧めはサンカムペーン方面に向かう途中にあるシルク工場です。ウェルカムドリンクを頂いてからシルクの製造工程を見学。シルクの生地や製品を手に取って買い物が出来ます。

ショールは色も価格も豊富で見ているだけで楽しくなってしまいます。シルク工場なのですが、シルク製品のほか綿製品もあります。タイで有名なのは『ジム・トンプソン』ですよね。でも、ここは、お勧めです。

ワローロット市場

地元色を楽しむのならば、ワローロット市場がお勧めです。新鮮な果物や調味料、お惣菜を買うこともできます。またピン川沿いには屋台が出ていて、美味しいタイラーメンやチャーハンを食べることもできます。

更に北へ。日本では味わえない「国境」も体験できる

チェンマイからアーケドバスターミナルから長距離バスが出ています。

グリーンバスに乗り、ミャンマーとの国境メーサイを目指すのがお勧めです。

グリーンバスは長距離バス同様ランクがあり、それにより価格が異なります。チケット売り場では、地名さえ言うことが出来れば購入可能です!バスの出発は基本予定通りです。

運転手さんによっては多少運転が荒と思うのですが、チェンライ経由でメーサイまで3時間ほどで到着します。メーサイバスターミナルからはソンテオに乗ってイミグレーション近くまで行くことが可能です。

国境付近には沢山の店・出店があります。中国から入ってくる栗やブドウ、桃やリンゴを初め、化粧品や電化製品など、なんでも安くで売っています。

そして国境を越えてミャンマーに入国してみるのも楽しいと思います。タイへ来たのにミャンマーも少々楽しむことが出来るのです。一石二鳥ですよね!

文:トゥワデーンさん

びっくり驚いた!こんな『違い』がいっぱい!タイってこんな国なんだ!

関連記事

  1. 【体験談】タイで女二人旅で実体験!詐欺に遭ったけど忘れられない強…
  2. びっくり驚いた!こんな『違い』がいっぱい!タイってこんな国なんだ…
  3. バンコクに行ったら絶対食べてほしい!おすすめタイ料理店ベスト3
  4. 寒い時には暑い国へ。アンコールワットよりも気軽なタイ、アユタヤ遺…
  5. 【詐欺事件発生!】女性一人旅! 初めてのタイ バンコク編!
  6. 【体験談】女二人で満喫したタイ旅行。バックパッカーへの熱い思い!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ワット・ウモーン(Wat Umong)
  2. バーンワー駅(Bang Wa Station)
  3. ワット・ポー(Wat Pho)
  4. セントラル・ワールド(Central World)
  5. フード リパブリック サイアムセンター(Food Republic Siam Center)

新着記事

クロントム温泉(Klong Thom Hot Springs)

クロントム温泉は大自然に囲まれた美しいビーチで有名なタイ南部のクラビ県にある天然の温泉です。滝や…

ピピ諸島(Mu Ko Phi Phi) ピピ諸島(Mu Ko Phi Phi)

周りを珊瑚礁に囲まれ、美しいラグーンを持ったヤシの木に覆われた島は、神秘的な魅力が漂う楽園。まさに秘…

ポダ島(Ko Poda) ポダ島(Ko Poda)

アオナンからチキン島に行く手前にある島。島の半分をぐるりと囲むように美しい砂浜が広がり、目の前の海上…

ガイ(チキン)島(Ko Chicken) ガイ(チキン)島(Ko Chicken)

ニワトリの頭のような形をした岩が目を引くのでチキン島と呼ばれています。すぐ横にタップ島という小さな島…

プラナーン・ビーチ(Phra Nang Beach) プラナーン・ビーチ(Phra Nang Beach)

石灰岩の岩壁、鍾乳洞などがつくる景観が美しいビーチです。地元の人々の信仰を集めるプリンセス・ケイブが…

PAGE TOP