タイ旅行情報

タイ旅行中の両替に関する気になるまとめ

タイの通貨はバーツ(Baht)といい、王様がお札のモチーフとなっています。タイの人達は王様を敬愛していますので、王様の肖像画が描かれたお金を粗末に扱うと、年配の人は怒る人もいます。まあ、お金はみんな大好きですけどね。

お札は20B札、50B札、100B札、500B札、1000B札の5種類があり、硬貨は1B硬貨、2B硬貨、5B硬貨、10Bの4種類がります。その他にも、補助的なお金として1バーツ以下の単位であるサタン硬貨がありますが、最近では地元の人が行く市場で、たまにしか見ることがなくなりました。

ホテルや大きなショッピングモールではクレジットカードが利用できますが、屋台やナイトマーケットなどは現金でしか取引できません。そして、タイ旅行の醍醐味を味合うには、やはり「現地の通貨で飲み食いをする!」ではないでしょうか?

このページでは、タイ旅行中の両替について詳しく書いていきます。

タイ旅行中の日本円からタイバーツへの両替はどこでするの?

日本のイメージだと両替は「銀行」でするものですが、タイでは観光立国なので、観光地であれば小さな両替所が比較的沢山あります。外国人が多く訪れる観光スポットの近くであれば、両替するのに困る事はありません。

両替所

両替は銀行だけでなく、いろんなお店の軒先で小さな両替所の窓口を構えて営業していますので、バンコク市内であれば特に両替に困ることはありません。

営業時間はバラバラですが、普通の場所であれば夜8時くらいまで開いているとこが多いです。ディスコやバーなどのナイトスポットのあるところだと、深夜1時や2時まで営業している両替所もあります。

両替のレートはどうなっているの?

誰しも少しでも損はしたくないものです。両替のレートは毎日変更されていて、円の価格合わせて変動します。また、両替所によって手数料が異なりますので、両替所によって大きな価格差になる場合があります。

タイバーツの両替レートサイト

両替の際には小額紙幣も含めてもらうと便利です

屋台や市場での買い物には小額紙幣を結構多く使います。両替の際に小学小額紙幣を含めてもらうと、お買い物が便利です。屋台や市場だと、1000バーツを出すと断わられる事が多々あります。これはお釣りを持ちあわせていない為です。

100バーツ紙幣を中心に、両替の中に入れて貰えばいいと思います。

お金をいっぱい両替する場合は銀行で

一度に何十万円と両替する場合は、両替レートが少々悪くても銀行で両替をするべきです。小さな両替所などでは、通路に面したところにあるので、大金の両替は沢山の人目に付くので良くないですね。「私お金持ってます!」と不特定多数の人にアピールするのと同じ事で、その中に悪いやつがいれば犯罪に巻き込まれたり、盗まれたりするリスクが大きくなります。

なので、大金を両替する時には、ちゃんとした銀行で両替するように心掛けて下さい。

 

両替のちょっとした小ワザ集

タイ旅行中に両替する際の、ちょっと知ってると得する「かも」な小ワザ集です。

銀行よりも小さい両替所の方がレートが良い?

すべてとは言いませんが、小さい両替所の方がレートが良い場合が多いですね。ただし、全体的に見て、レートの良い両替屋さんは、「不便な場所」にある場合が多く、初心者にはおすすめできません。安全と両替レートを考えた場合、安全を取る方が私はお得に感じます。

タイと日本、どちらで両替する方がお得?

もちろんタイに到着後に両替する方が断然にすごくお得です。日本国内だと、両替手数料は10%~16%も必要になってきますので、両替率は非常に悪いですね。

スワンナプーム国際空港では到着後いつでも両替が可能

タイ旅行の玄関口であるスワンナプーム国際空港では、24時間いつでも両替の窓口が空いており、しかも空港内のあらゆる場所に両替カウンターが点在しています。バンコクなどの町中に比べると両替レートは悪くなりますが、いつでも開いて簡単に両替できるので非常に便利です。

深夜便や早朝便でタイに到着した場合、バンコク市内で出ても両替所は閉まっています。そんな場合は、とりあえずタクシー代や食事代だけを空港で両替して、お昼になってから町中で旅行資金を両替するという手段がお得です。

空港内での高レート両替はスーパーリッチとバリュープラス

24時間営業ではないが、スワンナプーム国際空港内にある「エアポートレールリンク」の改札フロアには、スーパーリッチとバリュープラスの両替所がある。こちらの2つはバンコク市内と同じくらいの高レートで両替をしてくれる。お得に両替したいなら、国際空港地下にあるエアポートレールリンクまで足を運ぶとよいだろう。但し、営業時間が24時間ではないので注意

スーパーリッチのオープン時間:10:00~20:00
バリュープラスのオープン時間:6:00~23:30

営業時間的には、バリュープラスの方が使いやすいだろう。どちらも身分証明としてパスポートが必要なので、両替の時には準備しておくと良いだろう。

結局、日本で両替するの?それともタイで両替するの?

タイ旅行が初めての場合、お金の両替などはなにかと不安なものですよね。そんな時は日本の空港で日本円からタイバーツへの両替が可能です。しかし、

日本の銀行や空港では両替手数料がタイに比べてかなり割高

という困った事実があります。

タイに到着してからの両替は言葉の壁があるものの、びっくりするぐらいに簡単に両替をしてくれます。なので、

(1)タイ旅行が初めて・・・日本で2万円程度の両替
(2)現地の両替を体験してみる
(3)2度目以降のタイ旅行・・・タイでの両替オンリー

という段取りを提案したいのですが、どうですか?やっぱり初めは、なにかと不安もあると思いますので、交通費の2万円を両替しておいて、残りは現地で両替チャレンジ!これもタイ旅行のドキドキハラハラな体験のひとつになりますよ。

 

日本国内でお得にタイバーツへ両替する方法

製作中です。ちょっとまってね。

 

関連記事

  1. 今すぐ行きタイ!タイの絶景おすすめアイランド・ビーチ3選
  2. バンコク BTS 駅構内 みんなダイスキ!?バンコク高架鉄道(BTS)の路線表
  3. バンコクの夜は「ディスコ」!おすすめディスコを紹介
  4. 今話題の「お一人様でのタイ旅行ツアー」の楽しみ方とは?
  5. バンコク行ったら絶対ココ!バンコク観光の人気のスポット5選
  6. タイ旅行で初心者が注意するべきマナーのまとめ
  7. 【さあ!行こう!】タイのビーチリゾートへ行こう!
  8. 初めてのタイ旅行を計画中の初心者向け旅の基本情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. タリンチャン水上マーケット(Talingchan Floating Market)
  2. ムアンボーラーン(Ancient City)
  3. ポーニミット駅(Pho Nimit Station)

新着記事

フワランポーン駅(Hua Lumpong Station)

バンコク都パトゥムワン区にあるバンコク・メトロ(MRT)の駅で2004年7月3日に開業。駅周辺にはワ…

サムヤーン駅(Sam Yan Station)

バンコク都パトゥムワン区にあるバンコク・メトロ(MRT)の駅で2004年7月3日に開業。駅周辺にはチ…

シーロム駅(Silom Station)

バンコク都バーンラック区にあるバンコク・メトロ(MRT)の駅で2004年7月3日に開業。 バンコク・…

シリキット・コンベンション・センター駅(Queen Sirikit National Convention Center Station)

バンコク都クローントゥーイ区にあるバンコク・メトロ(MRT)の駅で2004年7月3日に開業。駅周辺の…

ルンピニー駅(Lumpini Station)

バンコク都サトーン区にあるバンコク・メトロ(MRT)の駅で2004年7月3日に開業。駅から徒歩数分の…

PAGE TOP